2010年02月13日

最近のセゾン投信の動向

最近のセゾン投信の傾向を書きたいと思います。

セゾン・バンガード・グローバル・ファンドについてですが・・・

ここ1年の運用実績は、+20.41%と好調でしたが、
ここ最近は、3ヶ月で-1.49%、1ヶ月で-3.81%と不調です。

インデックスファンドは、市場全体の上げ下げの影響を受けやすいので、
相場全体が落ち込んだ、ここ最近は、どうしても下落してしまいますね。
2月もNYダウが1万ドルを割り込んだり、日経平均も1万円割れがあり、落ち込んでいるようです。

ただ、逆に底をつけたこういう時期に買っておくと、
相場上昇の恩恵を受けるのも事実ですね。

ここ1年の運用実績がよかったのも、リーマンショック後の相場の上昇の恩恵を受けたからこそ。
投資の基本は、安く買って高く売ること。
特にインデックスファンドは、その傾向が強いですね。

ギリシャの救済も決まって、そろそろ相場も戻り始めそうです。

積み立てを始めるのであれば、こういう時ですね。
投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)234*60
posted by 投資信託fan at 11:35| セゾン投信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

セゾン投信で積立てをはじめた理由

わたしがセゾン投信で積み立てを始めた理由は、
世界の大富豪ウォーレンバフェット氏の
「一番賢い投資法は、ノーロードのインデックス投信の積み立てだ!」といったことから始まります。

その前に、投資信託にだまされるな!という本で、セゾン投信がおすすめだということは知っていました。

理由は、ノーロード(販売手数料が無料)で、信託報酬が安い。
つまりコストが安いからとのことでした。
そしてインデックス投信であること!

インデックス投信は、株価などの指数に連動する投信のこと。
景気は好況不況が続くものですが、それでも基本的には右肩上がりで進むもの。
とくにアメリカの株価指数は、上下激しい動きはあるもののそうなっています。
経済は基本的には、成長するものなんですね。
そういう意味で、バフェットは、「ノーロードのインデックス投信の積み立て」を推奨したんですね。

日本の投資信託でこれに合致するのがセゾン投信。
バンガードというアメリカ最大のインデックスファンドに投資でき、
さらに5000円から積み立てできるので、はじめての投信にはいいかも?と思いました。

そして1年。
2007年から今年にかけて、株は最悪、為替もすごい円高となりました。
外債投信が軒並みやられている中なので、当然、わたしのセゾン投信もマイナス。
ただ、9ヶ月つみたてて、今の評価額が43290円。
マイナスは1710円と思ったよりやられていません。
毎月積み立てるドルコスト平均法だからというメリットもあるのかもしれませんが、マイナス幅も限定的ですね。

今は最悪の時期かもしれまんせが、そろそろ景気も底打ちするかもしれません。
セゾン投信に投資することで必ず稼げるとは言えませんが、
こういう景気や株価が底で、割安のうちから積み立てることが、将来の資産を作り上げるということは、
バフェットの言葉からも明らかです。
セゾン投信は、長期的な資産形成に一番むいているそんな気がします。

セゾン投信に興味を持った方は下をクリック!
posted by 投資信託fan at 22:29| セゾン投信のメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

セゾン投信にもG7の影響、セゾン投信の基準価格、来週も下がる?

セゾン投信の基準価格もG7の影響で下がってきていますね。

わたしは、セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドに積み立てているのですが、
今週、火曜日から基準価格が下落中です。
まあ、毎月5000円ずつの積み立てて、
ドルコスト平均法で、下がったときに買うことにより、
購入コストも下がるので良いのは良いのですが、
あまり下がるのは心情的にどうかと・・・

サブプライムローンショックの時には、
基準価格が10000円を割ったこともあるこを考えると、
今の10669円は、まあ良い価格でしょうか?

バンガードというインデックスファンドに投資している分、
外国株、とくにニューヨークダウあたりの影響を強く受けます。
G7の内容は、世界的な景気の減速を容認するものであったとか・・・
来週以降、ちょっと気になりますね。

セゾン投信株式会社
ラベル:セゾン投信 G7
posted by 投資信託fan at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾン投信でバンガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

「セゾン資産形成の達人ファンド」投資対象ファンド追加

セゾン資産形成の達人ファンド、投資対象ファンド追加のお知らせが今日メールで届きました。

7月から積み立てを始めているのですが、
7月、8月と世界同時株安でぼろぼろ、
でも、積み立てだから、こういうときが安心ですね。
どこに底があるのかはわかりませんが、
積み立てだと、ドルコスト平均法の考え方で、
下げれば、取得単価は下がります。
いい方向に考えましょう!

さて、投資対象ファンドの追加の話ですが、
いままでは、さわかみファンドとバンガード ジャパン・ストック・インデックス・ファンドで、ともに日本の株式に投資するものが、
セゾン資産形成の達人ファンドでした。
今回の追加は、バンガード 米国オポチュニティファンド
バンガードという名前はついていますが、
プライムキャップ社がオポチュニティというファンドを運用していますし、これはアクティブファンドになっていますね。
インデックスファンド投資の長期育成型がセゾン投信の強みと思っていたのですが、ここでちょっと方向転換でしょうか?

同じ色合いのファンドだったので、
特徴をつけてみたかったのかもしれませんね。
ただ、わたしはやっぱりセゾンバンガードグローバルバランスファンドの方が良さげに思うのですが・・・

セゾン投信株式会社
ラベル:セゾン投信
posted by 投資信託fan at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾン投信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

セゾン投信6月の運用レポート公開

セゾン投信の6月の運用レポートが公開されました。

わたしも今月から積み立てを始めたので、
興味津々です。

わたしが積み立てしている
セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドを見ると、
単月騰落率は0.68%、
ちょっと落ちましたね

ニューヨークダウなどが乱高下したことも大きかったようです。

ただ、外国に投資するファンドなので、
今の円安の流れは追い風!
ぜひいい感じで基準価格も上昇していもらいたいものです。
ラベル:セゾン投信
posted by 投資信託fan at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾン投信運用レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
WordPress
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。